活動の詳細
2020/02/28

第27回中同協青年部連絡会 in 京都 参加報告

日時:2月12日(水) 13:15~17:00

会場:コープイン京都

 

議題1では、愛知青全交の企画概要等について議論され、長崎としても25名の参加目標を設定させていただきました。

また、2024年の青全交開催地選定についての議論では、愛知青全交の時にプレゼンを行い、投票で決めることとなりました。条件としては、開催時に現役であること、理事に承認されていること等がありました。

2030年ビジョン策定プロジェクトについては、本気本音の議論が展開され圧倒されました。

議題2では、各同友会青年部活動の現状と課題、展望についてパネルディスカッションを「近畿圏青年部サミット」を通して近畿ブロックの青年部役員で行われました。現在発展している県があれば、そこを全て真似している県もあり、自分たちにも当てはまるような現状や課題に直面しながらも前進していっている実体験を聞くことにより学ばせていただきました。

1つ目は、実際に会社に活かせているのか(会社が発展しているのか)

2つ目は未来のために何をしないといけないのか(新メンバーの面倒をしっかり見るという伝統をつくる)

3つ目は、リーダーが集まり会を運営していく(自社の現在が間違っているのか、合っているのかを確認できる場である)

このすべてに共通しているのが、本気と本音で語っているのか!行動をおこしているのか!ということでした。

グループ討論では、「本気本音の付き合いをしていくためには」に絞られて、役員会後にもディスカッションをしたい、日ごろの付き合いからしか本音は生まれない、いきなりの時短でどんどん本音でいく方がいい等、いろんな議論がなされました。

今回も中同協青年部連絡会に参加をすることができ、全国の素晴らしい経営者の皆さんと交流をすることができました。

また全国大会に参加できるように頑張って参ります。

文責 青年経営者会 会長 飛田 精一