島原支部活動の詳細
2019/12/18

島原支部設立10周年記念講演会・祝賀会

日時:11月28日(木)18:00~21:30

会場:HOTELシーサイド島原

講演テーマ:M&Aを活用して企業を成長発展させよう~中小企業のM&A事例と後継者問題の解決~

報告者:(株)ホワイトクロス 代表取締役 島田 健作氏

島原支部設立10周年記念講演会・祝賀会は、島原市長、南島原市長、雲仙市副市長、島原商工会議所会頭、金井代表理事、県内の各支部長や会員、ゲストを合わせ100名を超える参加者のもと、盛大に開催されました。

まず、冒頭のあいさつで荒木支部長より、10周年を迎えるにあたり、支部設立にご尽力いただいたチャーターメンバーと関係各位への感謝の言葉をいただきました。

記念講演会は、大阪よりM&Aアドバイザリー業務を行う(株)ホワイトクロスの島田健作氏を招いてご講演いただきました。現在行われているM&Aは大企業が報道等でよく取り上げられるが、実際には7割から8割が中小零細企業で行われいます。全国では後継者がいない企業が約70万社、子供はいても後継者にならない企業が140万社あるといわれています。事業承継が上手くできなく、会社を廃業するにもお金が必要なことと会社に勤めている社員の再就職も考えなくてはいけません。そういった後継者問題を抱える会社が存続するためのM&Aが行われています。島田社長が実際に行われたM&Aについて4つの事例で詳しくお話しいただきました。

質疑応答では島原支部の会員でM&Aを近年行われた発表もありました。企業価値を上げることにより、もし自社が後継者問題に直面した時にはM&Aで売る事もできます。それは社長の仕事であり社員将来にも繋がって行きます。

祝賀会では落水相談役(初代島原支部長)の挨拶で、島原支部設立からの思い出の話しをされました。祝賀会の中では池田副支部長作成の10年間の映像がスクリーンで流されました。

最後はチャーターメンバー12名が紹介され三田相談役の島原支部設立時の熱い思いを話され、山田事務局長が万歳三唱を行いました。

島原支部は次の20周年に向けて新たな挑戦を行い、会員間で発展する活動を積み重ねていきたいと思います。

文責 内島 範喜