島原支部活動の詳細
2015/09/18

島原支部 9月例会報告

写真 2015-09-14 19 11 13 写真 2015-09-14 20 37 06 写真 2015-09-14 20 37 15

日時:9月14日(月)19:00~

会場:HOTELシーサイド島原

テーマ:『今までの経営と、これからのビジョン!』

~何のために仕事をするのか~

報告者:横田耕詞事務所 (有)ワイエヌコンサル

代表取締役 横田 耕詞 会員

 

今回横田さんの講演をきいて、たくさんの気づきを得ることができました。

まず第一に生き方、事業が一貫しているということでした。

土地家屋調査士、幼稚園経営、農業など複数の事業を展開されておられます。しかしただ支離滅裂に事業を展開することではなく、一つの「軸」を通して事業を展開されておられます。それはご自身の人生理念である「次世代を担う子供たちのために」というテーマでした。

 

この「人生理念」という考え方もすばらしいと思いました。

弊社にも経営理念やその類のものはあります。しかしながら自分自身がどういう生き方をして、何をもって自分自身の幸せとするのか、その指針がないことに気づかさせていただきました。より深く自己を見つめなおし自分自身の「人生理念」を創り上げたいと思います。

 

第二に、横田さんのお父様のお話がとても印象的でした。50歳になられたお父様は『これからは地元のためになることをする』といって立候補、町長に当選された方です。横田さんが不動産事業で土地を購入するかどうか迷った時のお父様の教えが『人助けになると思ったら買いなさい。きっとその土地はいきてくるから』とありました。これも「子ども達のために」という横田さん自身の生き方に影響を与えていると思います。親子で利他の精神が息づいていて、そして脈々と継承されている事に横田家の繁栄があるのだなと思いました。

 

第三は横田さんのプラス思考のすばらしさです。頼りにしていた社員さんが退職されたときも相当なショックがあったろうと思います。しかし横田さんはこれをプラスにうけとめ、相手をせめることではなく、自らの責任と捉えられる姿勢もすばらしいと思います。

横田さんは社員の退職を通じてひとつの大きな気づきを得られたそうです。それは社員のビジョンと自分のビジョン、会社のビジョンを統一して同じ方向にすすんでいかなかったという点でした。横田さんがすべての苦難を前向きに、自己責任でとらえられたこその気づきだったと思いました。まさに度量の大きさを感じさせてくれます。私もそうできるように努力していきたいと思いました。

 

最後に25年カレンダーという考え方もすばらしいと思います。横田さんが着実に夢にむかって現在進行形で進まれているのもこのカレンダーのおかげだと思いました。未来から逆算して今を生きる。早速20枚購入し社員、家族、子ども達ふくめ全員で取り組んでいきたいと思います。

(文責  中山 実津雄)

 

〇本例会は島原支部過去最大の人数(70名)で開催されました!!

写真 2015-09-14 22 22 47

〇中山実津雄会員のバッチ贈呈も行われました。