島原支部活動の詳細
2022/04/26

島原支部 2月例会報告

テーマ:『失敗から学んだこと、学び続ける先に見えるもの』~Challenge & Error & Try~
日時: 2月15日(火) 19:00
会場: WEB開催(Zoom)

 今回の例会は、県内全域のまん延防止等重点措置の為にZoom開催となりましたが、熱い情熱が画面越しに伝わってきました。
 織田さんは、島原市・雲仙市で5店舗を経営され医薬品/化粧品/日用雑貨販売と調剤
を取り扱い、お客様の『健康寿命』を延ばす事に取り組まれています。

 報告では、(一章)静岡県で他社修行時代の7年間、(二章)入社~社長就任までの8年間、(三章)社長就任してからの3年間での沢山の『Challenge(目の前の課題へのチャレンジ)』と『Error(失敗)』と『Try(新しい挑戦)』を赤裸々に話して頂きました。他社修行時代、はじめに激戦区の店舗へ、次に売上1番店の店舗へ、最後に1番大きな新店舗への配属を自ら希望し厳しい環境でのChallengeを経験されました。

 はじめはうまくいきませんでしたが、自分が変わることで、周りの人の協力を得ることができるようになり、チームとして、それぞれの売上目標を達成することが出来るようになりました。Error(失敗)しても改善を行い、成功するまでTry(挑戦)し続けます。自社へ入社してからと社長就任してからは会社経営にChallengeしました。はじめは売上が伸びず、プライベートでは離婚も経験しましたが、責任を持つこと、お客様・社員・家族に感謝の心を持つこと、自身も成長する事に努めることを学ばれました。その時に経営者になる「覚悟」が芽生えたそうです。

 経営者になってからは、同友会の学びも実践されています。社内改革を行い、結果を出し、「よい経営環境」をつくることに取り組まれています。

 同友会活動は6年目。委員長・班長を歴任。来年度は副支部長を予定されております。また、今年10月に島原で開催される経営フォーラムの実行委員長も務められます。島原支部の経営フォーラムへのChallengeでは、会員を一致団結させ成功に導いてくれると確信しました。

(文責 松本龍亮)