島原支部活動の詳細
2022/01/07

島原支部 12月例会報告

テーマ:税理士が教えるインボイス制度

日時:12月21日(火) 19:00~21:15
会場:HOTELシーサイド島原・Web
報告者:濵村俊介税理士事務所
所長 濵村 俊介会員 (大村支部)

今回のテーマであるインボイス制度に対する会員の興味と意識も高く例会前からの話題にも上がり楽しみにしていた例会でした。
当日は、濵村さんの自己紹介から始まりましたが、流石は関西出身の濱村さん。
会場の雰囲気を和ませる話し方で、食べること・飲むこと・話すことが趣味であるという気さくな方で、インボイス制度に対して少し難しい印象もありましたがスムーズに聞くことができました。

消費税の基本的な仕組みから始まり現行である【区分記載請求書等保存方式】から2023年10月に施行される【適格請求書等保存方式】に移行について説明。
適格請求書(インボイス)を準備しなくてはならないという流れを話されましたが、すでに取り組んでいる支部会員さんもいて業種によって意識の高さも伺えました。
今回の例会は発表というより勉強会という印象で資料も多く足早に進んでいきましたが最後の質疑応答で業種別での問題・課題を多く聞くことができ、自分の業種に起こりうる状況を今から把握できたことが大変よかったと感じました。

コロナ禍で目まぐるしく変化する外部環境と今回の制度導入。業種によっては存続の危機にも繋がるかもしれません。
私たちの使命は地域の活性化です。これから先、関連する取引先と協力業者が免税事業者の場合、説明義務が発生しますがこれまでのように共に仕事を続けるために必要な知識を今のうちから学び備えていかねばなりません。
2023年10月からスタートするインボイス制度。支部の皆で共有し準備をしていきます。
最後に発表してくださった大村支部 濵村さん、ご多忙ななかに報告を引き受けていただき大変感謝いたします。

文責  荒木 博