島原支部活動の詳細
2022/02/19

島原支部 1月例会報告

テーマ:子供達の未来のために我々に出来ること
日時: 1月21日(金)  19:00~21:15
会場:HOTELシーサイド島原・Web
報告者: (株)ホロスプランニング 東川 勝哉氏

 島原支部の2022年最初の例会は(株)ホロスプランニング 東川勝哉氏にご報告いただきました。
東川氏はPTA全国協議会の会長を務めたことがあるということもあり、ゲストや他支部会員も多数参加をいただきました。
今後超スマート社会という新しい社会が到来すると言われているなか、我々の次世代を担う子供たちを取り巻く環境は、教師の担うべき役割の多様化・複雑化のような公助に頼っている状況があるそうです。
しかし教育基本法において子供の育成には学校教育だけでなく家庭教育や地域でも関わる事が定められているそうです。
その環境を創り出すための大人の学びのためにPTAという社会教育団体が存在するのだと東川氏は仰っていました。
 
 また東川氏が所属する中央教育審議会からの声明として子供たちの未来のためのより質の高い教育の実現には、教師だけではなく保護者・PTAや地域の協力をお願いしたいということが語られました。
そして大人(保護者)ができることとして①当事者である意識を持つこと ➁学校や先生の悪口を言わない ③学校の教育目標を理解する、の3点が大切だと話されました。

 報告を受けての感想は「PTAという団体の存在意義を知れた」や「周りのあらゆる子供たちの未来を守り育てていきたい」「社員がより多くのリソースを子育てに割けるような会社にしていきたい」といった感想が出てきました。
その後のグループディスカッションでは「次世代のために自社で出来ることや課題は何か?」というテーマで熱い議論が行われ、子供たちに自らの経験や学びを伝えてきたことや今後子供たちにやっていきたいことなどが語られました。

 社会が大きく変わっていくなかであっても次世代を担う子供たちによりよい社会をつくるために、経営者としてあるいは保護者としてこれから如何に日々を過ごしていくかを考えることができた例会でした。

(文責 本多 勝一郎)