佐世保支部活動の詳細
2020/03/02

佐世保支部 2月例会報告

日時:2月18日(火)19:00~21:00

会場:アヴアンティ

テーマ:天職に出会えて〜楽しむ営業〜

報告者:前田 忠信会員(株)笑心一

参加者数:46名(同友会会員41名、ゲスト5名)

前田さんは2016年に開業、現在4年目、社員3名で産業廃棄物の収集や一般家庭のゴミ回収・遺品整理などの事業を行っています。前田さんの実家は前田釣具店という釣具店を経営しており、幼い頃からご両親のお客様に対する姿勢や働き方を見て育ちました。よく父から「人に迷惑をかけるな」 「人の二倍三倍も働け」 「お客様に挨拶をしろ」「金持ちになれ」と言われて育ったそうです。

さらに良く言われたことが、「誰のおかげで飯が食えているのか?それはお客様がお金を払って商品を買ってくれるからだ、そのお客様には頭を下げて感謝しろ!」その幼少期の頃に学んだことが前田さんの原点だということでした。

「お客様といつも笑顔でコミュニケーションをとる」「会話をする中でお客様の困りごとに対してアンテナをはり解決を心がける」現在でも前田会員が心がけていることです。

よくお客様に「楽しそうに仕事しているね」と言われるそうです。おかげさまで現在はトラックフル稼働で、それでも仕事が追い付かないほど順調に事業が進んでいるそうです。また、人手が不足してきているので、社員を増やしたい、社員の育成をどうしたらいいのか?などの現在4年目を迎えての悩みなども包み隠さずにご報告されました。

前田さんの報告を聞いて、私は自分の原点とは何だろう?と考えたり、営業活動について考えたりなど、とても学ぶことが多かった報告でした。

また、前田さんが自分がやりたいこと、やらないといけないことを行うために、外注できることは外注し、社員に任せるところは任せることにしていると言われました。4年目で順調に行っていても、きちんと自分がやるべきこと、次のビジョンをきちんと考えており、すごいなと思いました。

(株)笑心一のキャッチフレーズである「なんだか頼れるゴミ屋さん」このフレーズに納得の報告でした。私ももっと仕事を楽しんでいきたいと思います。

文責 府川 正樹