大村支部活動の詳細
2022/06/09

大村支部 5月例会報告

テーマ:大村支部5月例会
支部名:大村支部
日時:5月19日(木)18:00~21:00
会場:パークベルズ大村・Web
報告者:(有)エス・ケイ・フーズ
取締役 中村 こずえ会員(長崎出島支部)

 中村代表理事の報告は、とにかくパワフル!!笑いあり、涙ありであっという間に終了しました。中村代表理事が、経営されているマクドナルドの店舗は、現在12店舗。1995年に(有)エス・ケイ・フーズをご夫婦で設立され、2007年からは障がい者雇用も積極的にされています。

 中村代表理事は教育システムが、確立しているマクドナルド(ハンバーガー大学)で、リーダー教育を学び、日中は店舗での業務、夜は経理学校へ通い、大変な努力を重ねビジネススキルを深めました。
2001年、あるマクドナルドの店舗に見学に行かれた時に、障がい者の方が働いているのを見て、
「この人には、普通の仕事は、無理だろうな」と思われたそうです。
6年後、なんと、その店舗を中村代表理事が、経営することになるのですが、あの時の障がい者の方が、そのまま残っており、マクドナルドの仕事を普通にこなしているのを見て、その成長に感動し障がいの方の素晴らしさや可能性に気づかれたそうです(涙)同時に、障がいのあるスタッフもすごいですが、育てたスタッフが素晴らしい(涙)
 今まで、人材育成の勉強をやってきたが、今までやってきた人材育成ってなんだったのか?自問自答を繰り返し、ここで、本当の共育の意味と大切さがわかります。
 背の低い人は、上の物が取りづらい。大きい人は、狭いところが通りづらい。
この「〇〇しづらい人」が、普通にどこにでもいる。だからこそ、高いところの物は低いところに置けばいい、狭いところは広げてあげればいい。
この当たり前のことに、気づいていない。非常に、考えさせられる言葉でした。また、「女性部会・障がい者問題担当委員会」という名称を理事会の反対を押し切り、「ダイバシティー委員会」と2年の歳月をかけて変更したのも、中村代表理事の功績です。
 最後に、今後の出店計画や売り上げ計画の10年ビジョンについての報告があり、経営者として、ホワイト企業を目指すが、ホワイト企業とはちょっと違う1人ひとりの働きたいに応える企業 「レインボー企業」を目指すという力強い言葉で報告が終了しました。
 この報告内容を文字におこしていますが、上記の内容はほんの一部です。
もっともっと多くのお伝えしたいことがあるのですが、この紙面上だけでは限界があります。機会があれば、我々の代表理事である中村こずえさんの報告をお聞きすることを、是非お勧めいたします。

(文責 林田 雅博)