長崎浦上支部活動の詳細
2020/07/29

長崎浦上支部 7月例会報告

日時:7月21日(火)18:30~20:00

会場:長崎新聞文化ホール・アストピア

テーマ:「選ばれる企業づくり」の実践

報告者:(株)LTU 取締役総務部 部長 野方 康平 会員(諫早支部)

出席者:30名(会員22名(うちWeb8名)、他支部7名(うちWeb7名)、事務局1名)

 

今回の浦上支部例会は対面形式とWebを併用して行われました。恒例の「握手タイム」を「顔見せタイム」へと変更し報告が始まりました。

今回のテーマは「選ばれる企業づくり」の実践と題し、報告者の野方さんが実際に実践した企業組織の改革についての報告でした。大学卒業後就職活動は全くせずにバンドマンを目指していた彼が28歳の時に入社しました。6年間の営業部員を経験した後、総務部に配属となりましたが、総務の仕事は全く分からない上に他の社員がどういう仕事をしているのかも分からない。新入社員や既存の社員に対する教育の仕組みもなく分かりやすい組織としての仕組みづくりの必要性を痛感され、組織改革に取り組まれました。

入社当時の会社の状況は

〇長時間勤務がほぼ毎日  〇休暇を取りづらい 〇新入社員に仕事を教える仕組みがない 〇モチベーションの低い社員が多い 等、組織上の問題点が散見され次のような改革に取り組んだとのことです。

時間管理対策として長時間会議の禁止・携帯電話の支給、スマホやiPadの導入などのIT化を推進し業務の効率化に取り組みました。結果、事務員の負担が減少し営業活動の補助ができるようになり、営業部員が本来業務に専念できる体制となりました。休暇取得対策としてスケジュール管理・ToDo管理等業務の標準化を行い誰が何をしているのかを「見える化」することにより代替が可能になり休暇を取得しやすい体制にしました。社員教育対策として教育を現場任せにせず全社的な問題として取り組み、研修カリキュラムを作成し階層別、職種別に定例的に研修を行うようにしました。

モチベーションを上げるため、評価制度、賃金・賞与制度を明確にし、個人の将来目標・ビジョンの実現化の後押しもしております。また、経営計画書の内容の社員への浸透、その他平日の社員旅行、社員の家族が喜ぶ商品総額100万円のビンゴ大会等などこの紙面に描ききれないほどの素晴らしい取り組みをされておられます。結果、社員に対するお客様からの評判も良くなり、社員、新入社員の満足度も高くなったとのことで、毎年新卒者の雇用もできているとのことです。

参加者全員がまさに同友会共同求人委員長に相応しい素晴らしい取り組みだと思われたのではないでしょうか。

文責 山口 芳和