長崎浦上支部活動の詳細
2021/07/20

長崎浦上支部 6月例会報告

日時:6月22 日(火)17:00 ~ 19:30

会場:長崎ロイヤルチェスターホテル

内容:慶祝例会

報告者:医療法人 秋桜会 総括本部部長 横山 愼介 会員

出席者数:34 名(会員32 名、他支部2 名)

 

新型コロナウイルス感染症拡大も懸念されましたが、2 年ぶりに慶祝例会を開催しました。昨年慶祝例会ができなかったこともあり、昨年と今年の慶祝対象の方を一緒にお祝いしました。

ホテルに神主様をおよびして、清祓いをしていただき、その後懇親会会場へ。対象の方のご入場に大きな拍手が湧き、温かい雰囲気に包まれました。同友会の例会らしく、スローガンと「三つの目的」を唱和して開始。気が引き締まりました。支部長のお祝いの言葉、慶祝対象の方のプロフィールと座右の銘などを一人ずつ紹介していただき、皆さんの人柄や意外な一面を知ることができました。

記念品は、ご参加いただいた白山陶器の松尾さんより調達しました。皆さんとても喜んでいただけました。慶祝者のご挨拶は、皆さんの個性が出ていました。

代表理事の中村さんよりお祝いの言葉をいただき、乾杯のご発声があり懇親会が始まりました。今回は、新型コロナウイルス感染症予防のため、受付で検温・消毒を行い、パーテーションを立て食事が提供され、話すときはマスクを着用して、マナーを重視しながらも、久しぶりにお会いできた方もおられて、楽しい語らいのひと時を持つことができました。やはりリアルでの会話は、皆さん得られるものが多かったように感じました。

後半は、ビンゴゲームで盛り上がりました。今回の景品は、コロナ禍で打撃を受けておられる飲食業の方を中心に応援しようと、お店の商品券にしました。支部で支援する形をとり、少しでも力になればという想いからでした。これからもできることで仲間を応援していきたいです。

最後は副支部長の橋本さんの三本締めでお開きとなり、皆さんで記念撮影を行いました。久々の皆さんとの懇親会で、帰りのバスの中も賑やかで、三役で担当した例会でしたが、開催できた喜びに胸が詰まりました。

まだしばらくは新型コロナウイルス感染症の影響があると思いますが、今回の例会で皆さんが勇気をもって、今後の経営に取り組まれることを願いました。

文責 岩 素子