長崎浦上支部活動の詳細
2022/04/26

長崎浦上支部 3月例会報告

テーマ:「人を生かす経営」と強靭な経営体質に向けて
日時: 3月22日 18:30~21:00
会場:アストピア・Web
報告者:(株)福祉工房 K’s 豊福 和明会員(佐世保支部)

 まんえん防止等重点措置の解除もあってか、今期最後の3月例会は会場参加者も多く、約50名と多くの方に参加いただき、活気のある例会となりました。

 今回の報告は、なぜ経営指針が大切であるか、また、作っていく過程、いかにして実践していくかの重要性を改めて学ぶ事が出来る内容となりました。私自身がまだ自社の経営指針を作成できていない中で、早く作らないといけないという焦りもありましたが、社長が一人でやるのではなく、社員と共に作り上げていく大切さを実感する事ができました。経営者にとって成文化の過程は、自分自身と社員が向き合い、深く学びあう場となります。社員にとっても与えられるばかりがやりがいではなく、個人目標を立て、共有し実践していく事で仕事へのやりがいを見出していく事になると思いました。経営指針は一度作ったら終わりではなく、更新し続け、実践していかなければならない。そのためにも大きな学びと気付きが得られる同友会活動に積極的に参加していかなければならないと再確認できた貴重な時間となりました。

 グループディスカッションは、「選ばれる企業になる為に今日からどのような実践をしますか」というテーマで討論しました。何に選ばれる企業になるのか。それは、お客様であり、社員であり、取引先であり、はたまた地域社会でもあると思います。そしてそれらに選ばれる企業となるために必要なのが経営指針ではないでしょうか。私としては、自社で今日から実践できることは、極限られた小さな事しかないかもしれませんが、社員を巻き込みながら少しづつでも皆で前に進んでいきたいと思います。

 コロナ禍でWebでの開催も定着してきましたが、今回は会場で参加させていただき、やはり面と向かって話が出来る良さを実感しました。ウィズコロナでも正しく対策して、これからも充実した同友会活動を行っていければと思います。ありがとうございました。

(文責 山﨑晃)