長崎浦上支部活動の詳細
2022/02/08

長崎浦上支部 1月例会報告

テーマ:諫早のホームページ屋さんが伝えるウェブ最前線 ~キーワードは「コロナ禍で加速する中小企業のウェブ戦略」~
支部名:長崎浦上支部
日時:1月25日 18:30~21:00
会場:Web
報告者:(株)タウラボ 代表取締役 田浦 健吾氏(諫早支部)


 
田浦さんは2017年6月に(株)タウラボを創業されました。主な業務内容はウェブサイトやECサイトの制作・運営、企業ブランド戦略、クリエイティブ全般、テレビCM、ウェブ広告、補助金サポートなど、多岐に渡り業務をされています。現在、長崎県下のたくさんの企業のホームページ(以下HP)や企業CMを制作されております。


 
田浦さんは小さな頃から絵を描くのが好きで、それを生かして日本大学芸術学部に進学されました。東京では音楽活動もして、ミュージシャンとしてメジャーデビューもされました。「モダーン今夜」で検索してみてください。このような経歴から、田浦さんは芸術や創作活動の才能があり、時代に応じた様々なものを取り入れる対応力がある方だと思いました。
 同友会には、諫早支部の山口大輔さんから誘われて入会されました。「頼まれごとは、試されごと」の精神で積極的に活動し、2021年度の県情報広報委員長をされています。そして同友会のHPや広報誌のリニューアルを企画されています。

我々中小企業も時代の変化に対応したウェブ戦略や情報発信、顧客開拓、自社のブランド化、ウェブ環境を用いた活動を視野に事業活動をしていかないといけないかもしれません。特に昨今のコロナ禍による活動の制限や
消費の落ち込みを考えたら、やはりウェブ環境というのは見過ごせません。事業のIT化への補助金などもあるようです、興味のある方は田浦さんや同友会のIT事業関係者に相談してみるのもいいのではないでしょうか。

(文責 橋本 裕次郎)