長崎出島支部活動の詳細
2022/11/30

長崎出島支部 8月例会報告

長崎出島支部 8月例会報告

テーマ:失敗から学んだこと、学び続ける先に見えるもの
~ Challenge & Error & Try ~

支部名:長崎出島支部

日時:8 月18 日(木)18:30 ~ 20:40

会場:サンプリエール・Web

報告者:(資)中央薬局 代表社員 織田 哲平 会員(島原支部)

 今回は、今期の経営フォーラム実行委員長・島原支部副支部長の織田哲平さんにご報告いただきました。現在は、5 店舗のドラッグストアを経営していらっしゃいますが、織田さんの仕事のスタートは県外でのドラッグストア勤務からでした。そこでの働きぶり、上司や部下との関係性など、失敗から何を学び、どう乗り越えてきたのかを聞かせていただきました。県外でのサラリーマン時代は、自ら高い目標を宣言し必ずそれを達成してこられたエピソードをご紹介いただきました。しかしその過程では、やはり思い通りにいかないこともあったようです。いかなる時も、部下と本音で語り合って道を切り拓いてこられたことを教えていただき、仲間と本音で語り合うことの大切さを学ばせてもらいました。
 帰郷後も困難な場面は多々あったようですが、そんな時も同様に多くの人と語り合い、自分自身と向き合うという真摯な姿勢ですべて乗り越えてこられたことを知りました。私たちにとってもとても重要な姿勢だと思います。

 今回の報告全体から、「人との出会い」がポイントになっているのではないかと感じました。織田さんは、一つひとつの出会いを大切にし、信頼を築いてこられたからこそ、現在、店舗経営でも成果を上げているのだと思います。
 島原支部より多くの方にご参加いただいたグループディスカッションでは、「織田さんは同友会活動でも経営でも失敗を必ず成功に結び付けている。」との声が聞かれ周囲からの信頼が厚いことを改めて知りました。「自身が、失敗や挑戦から学んだことは何か?」とのテーマでディスカッションを進めましたが、各自の体験談を聞くことができ、とてもポジティブなディスカッションになり大変有意義な時間を過ごすことができたと思います。
 終了後の懇親交流会では、兵庫青全交の話や経営フォーラムin 島原のキャラバンもあり、ぜひ参加して学んでいこう!との前向きな気持ちになれるとても楽しいひと時を過ごすことができました。島原支部の皆さん、長崎出島支部の皆さん大変ありがとうございました。
                     (文責 山﨑 貴彦)