長崎出島支部活動の詳細
2022/09/14

長崎出島支部 7月例会報告

テーマ:未来の長崎市を共に創り共に歩む!長崎市の政策とこれからの中小企業

支部名:長崎出島支部

日時:7 月19 日(火)18:00 ~ 20:40

会場:サンプリエール・Web

報告者:長崎市商工部 部長 久田 浩 氏

 7 月は「中小企業魅力発信月間」及び「中小企業の日」を記念し政策委員会が企画・運営を担当し開催しました。報告者に長崎市商工部トップの久田部長にお越しいただき「長崎市第5次経済成長戦略」を中心に現在行っている政策とこれからのビジョン、行政視点からの長崎市における課題などをお話しいただきあっと言う間の50分間でした。
 昨年の経営フォーラムin出島では田上市長にお越しいただき、「中小企業振興会議」が制定されている大村の園田市長、これから振興会議を立ち上げる諫早の大久保市長にパネルディスカッションを、今年5 月の九州・沖縄ブロック青年部合同例会in 長崎には久田部長にご参加いただき、同友会の活動・運動や会員さんの真剣な学びの姿を見ていただき「同友会さんは素晴らしいですね!今度、機会があれば是非!」と久田部長におっしゃっていただいたことから早速実現できました。市商工部からも複数名ご参加いただき各テーブルにて会員の皆さんとディスカッションを行いました。

 ディスカッションテーマは「長崎市の政策とまちづくりに対しての中小企業の役割と地域課題」と難しいテーマでしたが、それぞれが思う未来の長崎市や現在の地域課題を話し合いました。
 報告の最後に久田部長より「メルカつきまち」の活性化の課題提起があり、それに伴い商工・観光・福祉といった観点より、様々な意見や質問が出ていました。コロナ禍であり参加人数が芳しくなかった一面もありましたが、長崎出島支部政策委員会としては「長崎市中小企業振興会議」制定へ大きな布石として、また一歩近づくことができたと考えております。
 後日談ですがグループディスカッションの中で「空き家対策」についてお話しした会員さんが早速、商工部より「ご意見をお伺いしたい」とビジネスに直接つながるようなことがあったようです。これも、我々から一歩踏み出し共に歩む姿勢であったからこその結果だと大変嬉しく思いました。
 座長のまとめで述べさせていただきましたが、我々に関係がある行政の政策などの会員さんへの発信も政策委員会としてすべきではないかと考えています。今後とも三つの目的の「よい経営環境をつくろう」を基本に政策委員会として内外に向けた発信などを行って参ります。

(文責 安井 忠行)