長崎出島支部活動の詳細
2021/02/02

長崎出島支部 1月例会報告

日時:1月20日(水)18:30~20:45

会場:Web

テーマ:失敗から学ぶ間違った多様性 ~人を理解するとは、特性を理解すること。~

出席者数:27名(会員23名、ゲスト1名、他支部2名、事務局1名)

 

出島支部では今回、初めての試みとして、完全Webでの例会を開催しました。通常例会と同じ進行で行い、グループディスカッションもWeb上で各部屋に分かれ4~5人で行いました。大きなトラブルもなく、ほぼタイムスケジュール通りに終えることができました。反省点としては、例会開始前の雑音が漏れていたこと。グループディスカッション時に発表者の方が話しながらメモ取りながら大変だったということで、もう少し工夫が必要であるという意見がありました。

今回の例会はダイバーシティ委員会担当でした。内容は発達障がいやグレーゾーンの学習支援を対象とした個別学習塾を運営する中で気付いた「人を理解するとは、特性を理解すること。」について委員長である白石さんにご報告いただきました。様々な特性を持つ子供たちにどのように指導しているのか。また多くの講師の先生方をどうまとめているのか、などご自身の失敗談も含め内容盛りだくさんでした。その中で、失敗、問題があったらそれが起きないようルール化するシステムについて学びになったと多くの声がありました。

最後には企業としての今後の展望の発表があり、参加者には刺激となる、また自身もパワーをもらえたような、新年1回目としていい例会になったのではないかと思います。

文責 山下 晃一