長崎出島支部活動の詳細
2021/10/27

長崎出島支部 第6回経営者塾 開催報告

日時:9 月10 日(金)18:30 ~ 20:30
会場:Web
テーマ:「N ぴか」って知っていますか?選ばれる企業づくりの一案 “N ぴか”を学ぼう!!
長崎県誰もが働きやすい職場づくり実践企業認証制度
報告者:よこた中央労働コンサルタント事務所 所長 横田 哲 会員
出席者数:26 名(会員22名、ゲスト3名、事務局1名)

長崎出島支部の「人を生かす経営そして選ばれる企業づくり経営者塾」は、4 委員会(経営労働、共育、ダイバーシティ、共同求人)が中心となり、昨年度から実施しています。今回の第6 回目も無事終えることができました。

同友会理念の中の「三つの目的」である「よい会社をつくろう」「よい経営者になろう」「よい経営環境をつくろう」をもち、自社が目標を達成するために、日々奮闘されている皆様にとって、「Nぴか」がその解決策の一つになればという思いからこのテーマにしました。

N ぴかとは「長崎県誰もが働きやすい職場づくり実践企業認証制度」の略称です。年齢・性別に関係なく、誰もが働きやすい環境づくりに積極的に取り組む県内企業を県が優良企業として認証する制度です。「仕事と育児・家庭の両立」「働き方改革」「女性の活躍推進・男女共同参画」の 3 分野50 項目の得点が50% 以上で、得点に応じて「一つ星」から「五つ星」を取得する5段階の認証制度となっています。

横田さんの解説は、「認証されると県からホワイト企業であることのお墨付きをもらい、県のHP や県内就職応戦サイトで周知してくれる。50点満点のうち25点とれば認証してもらえる。法定通りの就業規則であれば、取りに行ける。審査項目の内容は、企業として当然のこと」と鋭く胸に刺さる言葉から始まりました。N ぴかの認証を受けるための対策講座、言わば入試対策ゼミのような。就業規則に定めておくことで点数が取れる項目、運用実績で点数が取れる項目などに分類して各項目を分かりやすく解説され、最後に「N ぴかは、目指すもの(ゴール)でもあり、前提条件(スタート)でもある!!」というメッセージで締めくくられました。

グループディスカッションでは、「15年以上も前に就業規則をつくったまま放置している。見直すきっかけになった」「現状、〇が2つしかつかない。社労士さんに相談したい」「N ぴかは難しく取れると思っていなかったが、実際やってみると〇が多かった。申請したい」などの意見がありました。

今回は、長崎県雇用労働政策課労政福祉班から2 名の方にもゲストとして参加いただきました。県では「就活中の大学生にN ぴかを知ってもらう活動」をしているとのことです。また、榮さん(長崎出島支部:社会保険労務士)からは、N ぴかの項目に関連する助成金資料を作成し配布していただきました。今回は深堀りできませんでしたが、N ぴか認証とともに活用できる助成金について、今後の経営者塾で学びを深め「人を生かす経営そして選ばれる企業づくりの実践」に繋げていきたいと思います。

文責 津田 豊美

【アンケート結果 回答数18名】
・今後N ぴかを取得したい 66%
・就業規則を見直したい  18%
・星を増やしていきたい  5%
・項目的に無理がある   11%
・その他(N ぴか取得企業の実践報告を聞きたい)