長崎出島支部活動の詳細
2022/02/08

長崎出島支部 1月例会報告

テーマ:「地域に人を残す経営とは」を考える
日時: 1月20日(木) 18:30~21:00
会場:Web
テーマ:「地域に人を残す経営とは」を考える
報告者:税理士法人ネクストプラス
    専門部 津田 豊美会員
    税務部 部長 本多 由美子会員
    代表税理士 東 大智氏

 2022年1月度の長崎出島支部の例会は、新型コロナウイルス感染症の影響により大変残念ではありましたが、完全Webでの開催となりました。税理士法人ネクストプラスに所属している、長崎出島支部共同求人委員長の津田さんと本多さん。そして、同法人の東代表による「地域に人を残す経営とは」とのテーマによる報告でした。人口流出に悩む今の長崎に合致したテーマでしたので、皆大変興味深く報告を聞いていました。
津田さん、本多さんからは今まで経験した経営上の悩みや困難、そしてそれをどうやって乗り越えてきたのかについての報告がありました。
2人とも、社員と共にこれらの困難を乗り越えてきたことで、ご自身も成長されたとのお話をされていたのがとても印象的でした。報告のなかでは、会社の雰囲気がとてもよく伝わってくるスライドショーもあり、共同求人員会が目指す、「選ばれる企業づくり」を実践されていることがよくわかりました。

 続いて、東代表による報告に移りました。ここまでの2人の話を受けて、社員目線と代表目線での違いから報告はスタート。前半の報告の中にあったような困難に直面した場合、代表(経営者)としてどのように考え、そして行動すべきか、東氏のこれまでの経験から考えられるメソッドについてご報告いただきました。その内容は多岐に渡り、社員育成や関わり方からの視点、また、会社を円滑に運営していくための仕組みづくり・組織づくりからの視点など、短時間の報告ではありましたが、私たちが日々直面する経営課題の多くについての解決策を学ぶことができました。
 今回の報告は、社員と経営者が一緒に報告をするという新しいスタイルで行いましたが、とても分かりやすく、聞き手に伝わりやすかったのではないかと感じております。今後とも長崎出島支部は創意工夫をしながら有意義な例会にしてきたいと思います。

(文責 山﨑 貴彦)