北松浦支部活動の詳細
2021/08/18

北松浦支部 7月例会報告

日時:7 月20 日(火)19:00 ~ 21:00

会場:松浦シティホテル・Web

テーマ:ブランドとブランディング事始め講座

報告者:つむぎラボ 代表者 矢ヶ部 一郎 氏

出席者数:19名(会員13名(うちWeb1名)、ゲスト1名、他支部4名(うちWeb1名)、事務局1名)

 

今回は、北松浦支部の今期の活動方針に基づき、外部からの情報を仕入れることを目的に、会外の方による講義を取り入れた例会となりました。

矢ヶ部さんは、佐世保支部会員である山領さんが代表取締役を務める(株)広告のアクセスに長年勤務された後に2 年程前に独立され、つむぎラボの屋号で企業サポートをされています。報告は企業のブランディング戦略のポイントに焦点を絞った内容でした。

「企業成長におけるブランドとは、企業と他社、他社商品や他社サービスを分類した時に消費者や顧客がその企業を選ぶための意思決定を助ける識別意識に、その人の好みや思い入れが付加されると必然的に発生するものである。これは知名度や差別化、ロゴデザインに左右されるものではない」という考え方が印象的
でした。

また、ブランディングを実践することで、選好性が上がり利益につながるだけではなく、還元された利益は企業の更なる成長につながり、ひいては離職率の低下や人材の確保へと波及するというプラス面のサイクルができることも理解できました。企業成長に欠かせないブランディング戦略を実践するためには実施する目的やタイミングを明確にすることが肝要であると感じました。

今回の報告はブランディング戦略でも基礎となる部分であり、かみ砕いた内容に実例を盛り込んであり、非常に理解しやすい内容でした。

Zoom の運用については、操作面、環境面において改善課題を抱える支部ですが、今回は事前準備、報告者の操作技術もあり、これまでと比較してかなり状態は向上したため、今後の参考となりました。

また、今回の例会には、長崎出島支部のフォーラムキャラバン隊が参加され、会の盛り上げに寄与いただき、中村代表理事のご挨拶もいただけたことから新鮮かつ緊張感のある理想的な例会となりました。

文責 前川 浩二