北松浦支部活動の詳細
2022/06/09

北松浦支部 5月例会報告

テーマ:「中小企業が抱える事業承継に関する研究報告」
支部名:北松浦支部
日時:5月17日(火) 19:00~21:00
会場:松浦シティホテル・Web
報告者:税理士法人ウィズラン
代表社員 松永 いづみ

 あなたの会社の承継時期はいつを考えていますか?
 松永さんは平戸市で税理士法人ウィズラン平戸代表をされています。その経営理念は社名のままに「we withrun」私たちは伴走する。松永さんは地域をよくしたいという気持ちを持っておられ、今回の報告テーマの事業承継についても問題視されており改善への研究・取り組みをされています。
 松永さんの言葉で「変化積み重ねと価値力、さらに「理念(志)」があるからこそ経営上できつい際にでも辛抱し、乗り越えてきたものだと思うところがあります。その理念の承継が一番大切で難しいものであると考えています。」といわれました。
 同友会は企業家の集団です。会員皆さんの事業の大きい小さいはあることですが、事業規模に関係なく事業承継問題は向き合わないといけない課題だと思います。

 継続するのか廃業なのか、継続させるのなら親族内承継なのか他人に譲るのか、事業譲渡も継続の一つ。自分のお客様である水産事業者にも様々な問題があります。代表の高齢化、後継者不在、売上不振、生産コスト高、共に働く親族間のいさかいなど。
 ある会員さんからの言葉で「事業承継を色々考える前に、承継する価値がる会社なのか、ない会社なのか」ではないのかと言われたのが心に刺さりました。事業を存続させたいという代表の思いがあるのなら、存続させる価値のある会社にし、次の代へ渡すのが代表の務めなんだと気づきがありました。

 今日学んだことを自社はもちろんのこと、関係取引先や知り合いの方とも今後のお互いの問題とし、話し合い今後の皆さんの事業が発展継続していけるように頑張っていかんばと改めて考えさせられた例会となりました。

(文責 中村 寿弥)