諫早支部活動の詳細
2020/07/03

諫早支部 6月例会報告

日時:6月23日(火)18:30~20:00

会場:四季の蔵 食楽亭

テーマ:~スタートアップ例会~「2020年度 先陣主導:諫早支部は止まらない‼」

報告者:廣谷支部長、各委員長

 

今年度始めての諫早支部例会です。
新体制への引き継ぎもしっかりできていなかったこともあり、まずは廣谷支部長より支部の活動方針の報告がありました。

コロナ禍が深刻化してきた3月、主に集客で困窮していた飲食店の会員のために何かできないかということで、「テイクアウトのノボリの制作と提供」「諫早支部ホームページ上の会員テイクアウト情報の充実」それらの活動をFacebook上で積極的に発信を続けていること、活動や広報が実を結び、このような最中にも飲食店の新入会員があったことが報告されました。

5月には会員からの発案により「不要なマスクの回収」を広く募集し、6月19日に諫早市社会福祉協議会へ寄贈しました。

それぞれの活動は県内でも諫早支部が先陣を切ったもので、実現に当たってはスマートフォン、LINEを駆使し、会員グループを作り、活発かつ迅速に情報交換を行った結果「早い決断」ができたもので、今後も同友会のモデルケースになるような活動を積極的に行っていきたいと、力強く報告されました。

続いての各新委員長からの報告では、コロナ禍で予定通りの活動や目標達成ができていないという報告も多かったのですが、だからこそ、これまでと考え方、やり方を切り替えていく必要性を感じているという報告が多かった印象です。

例えば今回新たに立ち上がった「支部活性化プロジェクト」の山口担当委員の報告では「仲間づくりで言う増強の『強』の部分を高めるプロジェクト」で、会員同士の仕事の交流や飲食店の利用を活性化するということで、コロナ禍だからこそ、同友会は会員のために何ができるか、何が必要かという「原点回帰」が問われることになると感じました。

文責 諫早支部 田浦 健吾