諫早支部活動の詳細
2021/04/06

諫早支部 3月例会報告

日時:3月17日(水)18:30~20:30

場所:L&Lホテルセンリュウ・Web

報告者:(税)ネクスト・プラス 執行役員 津田 豊美会員(長崎出島支部)

テーマ:4委員会の連携から学ぶ同友会の価値

出席者数:33名(会員28名(うちWeb4名)、ゲスト1名、他支部3名(うちWeb1名)、事務局1名)

 

今回の例会は共育・共同求人委員会が担当をさせていただきました。この例会の目的は、“人を生かす経営4委員会の活動目的を知っていただくこと”、そして、同友会活動が会員皆様の会社づくりと不離一体であることを改めてご認識いただくことでした。

4委員会活動は長崎同友会に共同求人委員会が発足されると同時にスタートしました。今期、各支部での4委員会活動を活発にしようと目標が掲げられておりましたが、諫早支部を始め、どの支部もその運営に苦しんでいました。そんな中、報告者である津田さんが所属されている長崎出島支部だけは、4委員会活動が活発に行われ、経営者塾まで開催されています。その足跡を津田さんに依頼しお話しいただきました。例会で委員会活動そのものを取り上げるのはどうかとも思いましたが、同友会活動と会社づくりは不離一体であるとの考えから、テーマとさせていただきました。

ディスカッションテーマは「この一年間の同友会(委員会)活動を通して、自社にどんな成長がありましたか?」として、同友会活動によって自社にどんな良い影響を与えられたかを考えていただく時間としました。まさに“不離一体”を指す問いかけになったのではないかと思っています。

まとめは、県共同求人委員長の野方さんより行われ、「同友会に入会したことでいい会社になった」とまず社員さんに言っていただきたい。そして、そんな社風の会社には自ずと人が集まってくると。4委員会の活動目的は会員企業の“選ばれる企業づくり”に貢献すること。皆さんが経営理念、指針というところから会社づくりに取り組まれ、”選ばれる企業“になっていくことが結果として地域に人を残し、人を集め、人が減少していく環境下に於いても地域が強く育っていくものだと締めくくられました。

最後に、大村支部からご参加の県経営労働委員長の宇土さんにも一言いただき、自社経営における同友会の価値を再認識する時間にできたのではないかと思います。

来期は、諫早支部でも4委員会の活動を進め、1社でも多くの会員企業が“選ばれる企業”となればと思います。

文責 時 寛