五島支部活動の詳細
2021/02/02

五島支部・佐世保支部・北松浦支部・青年経営者会 1月合同例会報告

日時:1月19日(火)19:00~21:00

会場:アルカスSASEBO・観光ビルはたなか・Web

テーマ:部員5人からのスタート ~目標設定から達成までの道のり~

報告者:長崎県立大崎高等学校 野球部 監督 清水 央彦氏

出席者数:72名(五島支部:6名、佐世保支部:38名(うちWeb16名)、北松浦支部:4名(すべてWeb)、青年経営者会:16名(うちWeb10名)、ゲスト:10名(うちWeb4名)、他支部:13名(うちWeb12名)、事務局1名)

※青年経営者会は佐世保支部、他支部の一部会員と重複

 

1月の例会は当初、新年懇親例会を行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大により急遽、佐世保支部、北松浦支部、青年経営者会と合同で行うかたちとなりました。

報告をお聞きして「先ずは勝つ」という目標設定することの大切さ、その目標を達成するには、粘り強く継続することが大切だということを学びました。清水氏は、とにかく勝ちにこだわり、どんな試合でも絶対に勝つと決め選手を育てられたそうです。選手の育成は、最初に自信をつけさせ、少しずつ成長させていったそうです。選手と接する中で「良いことは良い」「悪いことは悪いと」はっきりと伝え、時には、きつく叱ることも大切だとおっしゃっていました。また、褒めるときは同じことを二度褒めない、新たに成長できた時に褒める。要は選手を正しく評価することが大切だということです。私が選手の立場だとすると、自身や周囲の努力、成果を正しく評価してもらったほうが、すごくやる気になり成長できると思いました。

グループ討論では、社員に対し厳しいことが言えない、正しく注意できない。逆に厳しいことばかり言って、社員をあまり褒めていないなどの意見が聞かれ、人を成長させるには、両方大切だ。実践してみる。とのことでした。

清水氏は最後に、勝つとは負けないこと。ともおっしゃり、そのためには、組織(チーム)には、いろんなタイプの人間(選手)がいた方が負けないと。同じタイプばかり集まると、苦手なことがあった時、多くの人間(選手)が対応できなくなり負けてしまうと。経営でいうと、様々なタイプの社員がいた方が、会社として強いと思いました。また、様々なタイプの人間とどう接するか、経営者の手腕が問われると感じました。

文責 設楽 誠