五島支部活動の詳細

五島支部 7月例会報告

テーマ:同友会に出会って学び広がった縁、今後の目標(夢)
支部名:五島支部
日時:7 月22 日(金)18:30 ~ 21:00
会場:福江総合福祉保健センター・Web
報告者:みやざき設備 代表者 宮﨑 洋輔 会員(大村支部)

 宮﨑さんは、2014 年10 月に大村で新築や改築に伴う上下水道工事関係のお仕事を開業され、現在46 歳です。同友会へは翌年9 月に入会。大村支部の役員や長崎全研の実行委員を歴任され、今期より青年経営者会の会長に就任されました。入会当時は例会の内容や参加者に圧倒され気負いするところもありましたが、支部の熱い熱い先輩会員や、青年経営者会員に刺激を受け、県行事や全国大会などに積極的に参加され、多くのことを学び同友の輪を拡げています。
 仕事の面では、2016 年3 月の大寒波の影響で多くの水道管が破裂し、工事依頼の電話が殺到。「人が困っているなら」と昼夜問わず、できることは全て対応されたようです。このことが、同業者に評価され信用を得るきっかけとなったそうです。しかし何よりも困っているお客さんに喜んでいただいたことが、嬉しかったようです。開業当時、お一人で始められた事業でしたが、現在は奥様を含む4 人を雇用され売り上げも着実に増加、今期の売上目標も達成見込みのようです。
 グループディスカッションでは、報告者を交えての討論。(初めての経験でした)「あなたが変わるきっかけとなるご縁はありますか?またそのことが経営に生かされていますか?」のテーマに対し宮﨑さんは、奥様と答えられ、理由は奥様と出会う前は宮﨑さん自身常識がわからず、奥様に教えてもらったとのこと。今のお姿からは想像がつきませんが。
 宮﨑さんの報告をお聞きして、私は「同友会活動を頑張ろう」と率直に思いました。
今後も同友会の体現者として、また、青年経営者会の会長として、益々のご活躍が楽しみです。
 最後になりましたが、今月も多くの他支部会員の皆さんに、ご出席いただきありがとうございました。

(文責 設楽 誠)