五島支部活動の詳細

五島支部 6月例会報告

テーマ:学び続けて学んだこと!

支部名:五島支部

日時:6 月 24 日(金)18:30 ~ 21:00

会場:福江総合福祉保健センター・Web

報告者:暁建設(株) 代表取締役 本多 邦暁 会員(長崎出島支部)

 大学卒業後営業職ではなく、土木への道を志望した本多さんは、お母様の大反対を押し切り、求人誌を見て岡崎産業という土木業の会社へ就職され(岡崎産業は芸人の博多華丸さんのお父様が経営されている会社だったそうです)、昼は仕事・夜は専門学校へ通うという生活を続けられます。
 住み込みで働き、3年後長崎のご実家の近所にある土木会社の社長さんから、お誘いがありその社長さんが元気なうちに事業承継をとのことで、岡崎産業へ恩返しをしなくてはとの想いもあるなか、長崎へ帰郷されたそうです。そして社員さんや作業道具等全てを引き継ぐ形で、27歳の時に暁建設を立ち上げます。
 資金繰りのため、銀行から融資を受けようと、いくつかの銀行を回わるものの、事業計画書などの事前準備ができず、融資を受けることができなかったそうです。なんとか融資を受けるも、初めて請け負った仕事で赤字を出してしまい、受けた融資のほとんどが消えてしまいます。
 「社員をワクワクさせるような会社にしたい」という想いから、本多さんは誠実に一生懸命、日々の仕事をこなし、ご家族・社員さん、また周りの人の支えもあり、様々な会社の危機を乗り越え、2016年目標の収支に達したことを機に株式会社を設立されます。
 その後さらに会社を安定的に継続するため、また様々な人から学びたいという思いから同友会へ入会されます。
 今では考えられないですが、入会当初は人前で話すことができず、中村こずえ代表理事の「頑張らんね」という言葉が忘れられないそうです。
 同友会では積極的に役を引き受け、今では長崎出島支部長として、止まることなく前へ進み続けておられます。
 当日は悪天候で船が欠航するというアクシデントがあり、急遽Webでの報告となりましたが、Webでも本多さんの優しさや人柄が五島支部へ伝わり、柔らかい雰囲気に包まれるそんな例会でした。
(文責 宮田 秀樹)