活動の詳細
2021/11/26

ダイヤモンドクラブ 例会報告

日時:10月16日(土)18:00
会場:サンプリエール
出席者数:30名

ダイヤモンドクラブは、代表理事経験者ならびに20年以上の在籍会員、及び現役代表理事、事務局長で構成されます。活動目的は、「天は自ら援くるものを援く。我々は、若い感性と行動力をもって、同友会三つの目的達成のために集結し、研鑽する。」

昨年1月27日以来となる例会がついに開催されました。今回は、11月11日(木)に開催される第27回経営フォーラム実行委員の皆様をお招きし、成功に向けてクラブとしての協力体制をいかにするかがメインテーマでした。

司会は岩崎副会長。まずは、島田清三郎元会長のご冥福をお祈りして黙祷を捧げました。
金子会長の挨拶の後は、今期対象となる新会員の長崎浦上支部 池田繁隆会員と中村代表理事にダイヤモンドクラブ独自のバッジが贈呈されました。
その後、2019 年度と2020 年度の活動報告と収支報告を私が報告。

続いて、ダイヤモンドクラブ会員でもある佐世保支部 村山隆之会員による経営フォーラム第3分科会ミニ報告。実際使用されるパワーポイントの資料を配布され、生い立ちから社長の役割についてまで熱く語っていただきました。

続いての議題は、「経営フォーラム成功に向けて」。安井実行委員長と金子会長が各々の立場から思いを語られ、参加者全員が経営フォーラム成功に向けて意識を共有しました。

金井相談役(創立50 周年記念事業準備委員長)の開会挨拶、平湯相談役(前回経営フォーラム実行委員長)の乾杯で始まった懇親交流会は、新型コロナの感染対策に十分配慮しつつ、たいへん盛り上がりました。

各支部一言の時間を設け、既に目標達成の大村支部はその手法を披露し、他支部は目標達成に向けて決意表明、長崎出島支部は全員でキャラバンに取り組みました。

本当にあっという間に松尾照美副会長による閉会挨拶の時間となりました。

ダイヤモンドクラブメンバーと若い経営フォーラム実行委員による何とも言えない化学反応からは、長崎同友会の歴史の重みと未来に向けての大きな可能性を感じ得ることができました。

文責 事務局 山田 幸司