活動の詳細
2021/10/27

第1回 中同協女性部連絡会 参加報告

日時:9 月7 日(火)13:00 ~ 17:00
会場:Web

冒頭、中同協第53 回定時総会後の幹事会で久賀きよ江氏が女性部担当幹事(代表)に選任されたことが報告されました。参加者は93 名でした。「部会は全国に38 都道府県あり、山梨・滋賀が準備会を立ち上げている状況で、この時代に踏む込んだ経営をしていくために女性の存在力が必要である」と挨拶をいただきました。各地から提出されたフェイスシートの集計では、「全国の女性会員比率、各同友会の女性理事比率、中同協の女性幹事比率がともに12%を超えており、女性の活躍の場が増えて、流れが変わってきている」と今後の伸び率も期待されます。

フェイスシートをもとにした交流・グループディスカッションでは「現在の課題に取り組んでいること」について、「女性部会の常連さんが限られているのでどうすればもっと参加してもらうことができるか?」が議題にあがりました。他県では、「まずは声掛けが一番であること。SNS を利用して入会してもらうが、情報に目を通してもらうために、活躍している女性経営者にインタビュー等をして内容を工夫している」「『うきうきランチ会』と気軽に参加しやすいネーミングを付けた会を開催している」など、女性が経営課題を明確にし、同じ問題に共感して話し合える場にしていく工夫をされていました。

第24 回女性経営者全国交流会の学びでは、三つの視点(傾聴・共感・提案)を掘り下げました。会話中での12 のロードブロックのロールプレイがあり、自分はどうしているかを気付かされます。話し手は聞いてもらうことによりモヤモヤの整理がつき、聞き手は安心感を与えながら発言することにより、問題の整理と解決に結びつくことを学びました。また、労使関係における問題の処理は対等なコミュニケーションをとる必要性を説かれてました。

Web での開催でしたが、全国の女性会員との交流は、他県の取り組みや地域性を知る良い機会をいただいたと思います。ダイバーシティ委員会活動に生かし、自身の成長に繋げていきたいと存じます。

文責 長崎浦上支部 梶原 由美