大村支部活動の詳細
2019/10/08

大村支部 9月例会報告

日時: 9月20日(金)  18:30~

会場:サンスパおおむら会議室

テーマ:社員とともに地域貢献

報告者:(株)トータル代表取締役 永木 保史会員

大村支部の9月例会は、諫早支部会員の、㈱トータル 代表取締役 永木保史会員による報告でした。

永木さんが代表を務める(株)トータルは、諫早市にある保険代理店で、27名の社員と共にお客様の暮らしを守るために日々活動されています。

若い頃に転職して保険の仕事を始めてからは順調に事業も拡大して業績も伸ばしていましたが、大きな失敗も経験されてきました。

失敗から脱却するために、永木さんは本業の保険代理店業を法人化して挑戦しました。それぞれのやり方でやっていた代理店の集まりであったため、ギクシャクした関係のまま代理店を運営し、会社としての方針や計画もありませんでした。そんな中代理店内である事件が起こり、代理店存続の危機に陥ってしまったそうです。これをきっかけに保険会社の協力も得ながらもう一度代理店経営をやり直すことになります。社員・スタッフ全員がお互いに尊敬し、相手を思いやることのできる会社づくりを始めることにしました。また、経営理念を全員で考え、何か問題や課題があると立ち返ることのできる理念も作りました。保険のプロとして会社全体でお客様を守るために、社員一丸となって同じ方向へベクトルを合わせることができるようになったそうです。

保険代理店の経営も他の業界と同じように、少子高齢化や人口減少、そして保険業界を取り締まるルールの強化など、時代の流れが大きく変わり更に厳しくなっていきます。社員の幸せや地域貢献を目指しながらピンチをチャンスに変えていこうという永木さんの姿勢は、今後の中小企業の経営者にとって非常に参考になるものだと感じることができました。

 

また、社員と同じ目線で積極的に意見やアイデアを取り入れたり、また経営者としての立場で会社全体を見渡すことのできる考え方を持っておられるのだと思いました。

文責 大村支部 橋口 仁一