長崎出島支部活動の詳細
2018/09/03

長崎出島支部 8月例会報告

 

長崎出島支部 8月例会報告

日時: 8月22日(水) 18:00

会場:サンプリエール

テーマ:生涯健康に過ごす為に

報告者:Kyo Freestyle Workout 中川 恭兵 会員

中川会員は、パーソナルトレーナーとして運動と健康に関する指導をマンツーマンでされており、テレビやCMでお馴染みのライザップにも、お勤めの経験がある方です。

また格闘家としての経験もあり、2006年空手道九州大会3位、長崎県無差別級優勝。その後、キックボクサーとしてプロデビューし、タイに単身で武者修行に行かれています。今月の例会は、経営者にとって最も大切な健康というテーマについて報告していただきました。

長崎県は、肥満率で男性が1位。女性は2位と肥満率が非常に高い県とのことです。理由は食生活と運動などの生活習慣が関わっているのではないかとのこと。肥満を解消するには、まず筋肉を鍛える事が重要であると語られます。筋肉の役割は①体を動かす②体を守る③熱を出す④血の巡りを良くする。しかし筋肉量は20歳をピークに年1%ずつ落ちていくとのことです。筋肉は脂肪を燃やす最大の器官であるので、筋肉量の低下は代謝を下げ肥満に繋がることになります。スクワットなど筋肉量を増やす事が重要であるとのこと。また筋トレをする事で、やる気を促進するホルモンが分泌され、よりアグレッシブに働く事が出来るとも言われているそうです。

肥満を解消するもう一つは食事です。食事7:運動3の割合で、食事が重要であると考えられています。タンパク質・炭水化物・糖質をバランス良く摂取する事が重量で、日本人は特に、筋肉や骨の材料になるためのたんぱく質の摂取が低いと言われています。中川さんは、同支部で、うどんのとも也を経営されている伊折さんと「マッチョうどん」という新メニューを共同開発しました。タンパク質が多く含まれている鳥の胸肉を多くトッピングしたメニューです。食事に関する商品も手掛けていきたいとのことでした。

最後は、スクワットの正しいフォームを説明していただき、会場の参加者全員でスクワット10回して報告の締めとなりました。

文責 加瀨 和利